レビューがなかなか書けないので
最近は、もっぱらコッチでメモばっかりデス。
【映画大好き!だけどマニアじゃないの。】

金沢近辺のローカルネタ
【いんぎら〜っとしていきまっし。】
ヨロシクです☆

2009年・劇場で観た映画
2008年・劇場で観た映画
2007年・劇場で観た映画
2006年・劇場で観た映画
2005年・劇場で観た映画
2004年・劇場で観た映画
2003年・劇場で観た映画
2002年・劇場で観た映画
2001年・劇場で観た映画
2000年・劇場で観た映画

■ 金沢周辺の映画館情報 ■

banner_br_bear.gif
ブログランキング参加中♪
  ■応援クリック★お願いします■

2008年02月20日

チーム・バチスタの栄光

『チーム・バチスタの栄光』公式HP

製作年:2008年
製作国:日本

監督:中村義洋
原作:海堂尊

出演:竹内結子
    阿部寛
    吉川晃司
    池内博之
    佐野史郎
    玉山鉄二
    田口浩正
    田中直樹
    井川遥
    野際陽子
    平泉成
    國村隼



現役医師・海堂尊による同名ベストセラー小説を、
『アヒルと鴨のコインロッカー』の中村義洋監督が映画化した
医療ミステリー。


成功率60%といわれる難易度の高い心臓手術、
【バチスタ手術】。
東城大学付属病院では、専門集団【チーム・バチスタ】を作り
26例連続で成功を収めていたが、
その手術が3例連続で失敗するという事態が起きた。

病院長の高階権太(國村隼)は、
心療内科の医師、田口公子(竹内結子)の
上司(ベンガル)を呼び出すが、
奥さんとの世界一周旅行を理由に
田口公子に、代わりに院長室へ行くよう頼み、
結局、田口公子は
「ま、君でもイイか。」と、
病院長から内部調査を依頼される。

聞き取り調査の結果、
田口公子は単なる事故として調査を終了しようとするが、
そこに厚生労働省の白鳥圭輔(阿部寛)が現れ、
「これは殺人だ、犯人はバチスタメンバーの7人の中にいる!」と
断言する。
二人は一緒に、バチスタメンバーの再調査を始める。


【チーム・バチスタ】の7人。

桐生恭一 (吉川晃司) 臓器統御外科助教授。
鳴海涼  (池内博之) 基礎病理学教室助教授、病理医。
                 桐生の義弟。
垣谷雄次 (佐野史郎) 臓器統御外科講師、医局長。
                 第一助手。
酒井利樹 (玉山鉄二) 臓器統御外科助手。第二助手
羽場貴之 (田口浩正) 臨床工学技士。
                 人工心肺のスペシャリスト
氷室貢一郎(田中直樹) 麻酔科講師。麻酔科医。
大友直美 (井川遥)  手術室看護師主任。星野響子の後任。

この中に犯人はいます。

盛り上がるだけ盛り上がって、
最後にあっけなく見つかります。
「バチスタのみんなの、慌てる様子が面白かった。」
・・・忙しすぎると精神も病むんでしょうか。
「最初に話した時、気付いてあげれば良かった。」
田口公子の心療内科医としての言葉だったと思います。

阿部ちゃんの強引キャラと
竹内結子のあの【間】が好きです。
ただ、竹内結子のソフトボールシーン。
あれは別に無くても良かったなぁ。

カンケー無いけど、
竹内結子が「田口先生」と呼ばれるたびに
臨床工学技士役の田口浩正が頭にチラつき、
そして、『未来講師めぐる』の
20年後の【ゆうき君】の姿が頭に浮かびました。

後日、スゴク興味を持ってしまった
『R−1ぐらんぷり』で準優勝だった、芋洗坂係長が
田口浩正と約20年前
【テンション】というコンビを組んでいたと知ったトキ
愕然としました。
どこまで私を追い詰める、田口浩正(笑


★ ★ ★  2008,02,20 鑑賞

posted by yuki at 14:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | タ・チ・ツ・テ・ト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

   banner_br_bear.gif
ブログランキング参加中♪
  ■応援クリック★お願いします■





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。