レビューがなかなか書けないので
最近は、もっぱらコッチでメモばっかりデス。
【映画大好き!だけどマニアじゃないの。】

金沢近辺のローカルネタ
【いんぎら〜っとしていきまっし。】
ヨロシクです☆

2009年・劇場で観た映画
2008年・劇場で観た映画
2007年・劇場で観た映画
2006年・劇場で観た映画
2005年・劇場で観た映画
2004年・劇場で観た映画
2003年・劇場で観た映画
2002年・劇場で観た映画
2001年・劇場で観た映画
2000年・劇場で観た映画

■ 金沢周辺の映画館情報 ■

banner_br_bear.gif
ブログランキング参加中♪
  ■応援クリック★お願いします■

2008年03月01日

ライラの冒険 黄金の羅針盤

『ライラの冒険 黄金の羅針盤』公式HP

製作年:2007年
製作国:アメリカ

監督:クリス・ワイツ
原作:フィリップ・プルマン

出演:ダコタ・ブルー・リチャーズ
    ニコール・キッドマン
    ダニエル・クレイグ
    エヴァ・グリーン
    サム・エリオット
    サイモン・マクバーニー
    ジム・カーター
    イアン・マッケラン
    フレディ・ハイモア
    ベン・ウォーカー



『ライラの冒険 黄金の羅針盤』 予告画像





原作はフィリップ・プルマンの児童文学。
第1部 『黄金の羅針盤』
第2部 『神秘の短剣』
第3部 『琥珀の望遠鏡』の、3部作。

主人公のライラ役は、
オーディションで1万5千人以上から選ばれた
新人の、ダコタ・ブルー・リチャーズ。


魂は普通、人間の肉体に宿るが、
ライラの暮らす世界では
【ダイモン】と呼ばれる守護精霊が
魂のようなものである。

イギリス・オックスフォードの
ジョーダン学寮で育てられた12歳の孤児、
ライラ・ベラクア(ダコタ・ブルー・リチャーズ)は、
ダイモンのパンタライモン(フレディ・ハイモア)や
親友のロジャー(ベン・ウォーカー)達と
楽しい日々を送っていた。

しかし街では
謎の組織に子どもたちが誘拐される事件が続発。
親友ロジャーも姿を消してしまう。

そしてライラ自身も、
叔父のアスリエル卿(ダニエル・クレイグ)がいない間に
コールター夫人(ニコール・キッドマン)に連れられ、
ジョーダン学寮から出発する。

出発の日、ライラは学寮長から
【黄金色の真理計】を手渡されるが、
コールター夫人は、それを狙っていた。

コールター夫人から逃げ出したライラは、
誘拐された子供達を捜す船上生活者、ジプシャンと合流し、
西部の飛行船乗り、
リー・スコーズビー(サム・エリオット)や
鎧熊のイオレク・バーニソン(イアン・マッケラン)と共に
北極を目指し、旅に出る。


ライラは、頭が良くて賢明な女の子、と言うよりは
生意気で嘘つきで、ずる賢いイメージにうつりました。
でも、それがなんだかとても小気味良かったです。

『ハリー・ポッター』シリーズや
『ナルニア国物語』よりも楽しめました。

ニコール・キッドマンの悪役もステキだったけど、
西部の飛行船乗り、リー・スコーズビーが
渋くてカッコ良かった♪


★ ★ ★  2008,03,01 鑑賞



posted by yuki at 18:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラ・リ・ル・レ・ロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/88354005
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

   banner_br_bear.gif
ブログランキング参加中♪
  ■応援クリック★お願いします■





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。