レビューがなかなか書けないので
最近は、もっぱらコッチでメモばっかりデス。
【映画大好き!だけどマニアじゃないの。】

金沢近辺のローカルネタ
【いんぎら〜っとしていきまっし。】
ヨロシクです☆

2009年・劇場で観た映画
2008年・劇場で観た映画
2007年・劇場で観た映画
2006年・劇場で観た映画
2005年・劇場で観た映画
2004年・劇場で観た映画
2003年・劇場で観た映画
2002年・劇場で観た映画
2001年・劇場で観た映画
2000年・劇場で観た映画

■ 金沢周辺の映画館情報 ■

banner_br_bear.gif
ブログランキング参加中♪
  ■応援クリック★お願いします■

2008年06月04日

アフタースクール

『アフタースクール』 公式HP

製作国:日本
製作年:2008年

出演:大泉洋
    佐々木蔵之介
    堺雅人
    田畑智子
    常盤貴子
    北見敏之
    伊武雅刀
    山本圭


母校の中学で働く教師、神野(大泉洋)のもとに、
かつての同級生だと名乗る探偵(佐々木蔵之介)が訪ねてくる。
探偵は、神野の幼なじみで
今は一流企業に勤める木村(堺雅人)の行方を追っていた。
心ならずも木村探しに巻き込まれるうちに
神野の知らない木村の姿が明らかになり、
事態は誰もが予想しない展開に向かっていく。
(シネマトゥデイ)


あらすじ・・・
言えないです。絶対に言えないです。
M・ナイト・シャマラン監督作品とは
全く違う意味で言えないです(笑
シネマトゥデイのあらすじも
「違うでしょ?」って言いたいけど、
それを言うと完璧ネタバレになります。
ヘンな期待をせず、何も知らない状態で観るのが
一番面白いと思います。

後半、神野(大泉洋)が 北沢(佐々木蔵之介)に
全部解説してくれるんですが、
ことごとく予想を裏切られました。
確かに、誰がどうだとか、誰と誰がどんな関係だとか、
一言もそんなコト言ってないよね。
先入観ってコワイです(笑
解説されるほんのちょっと前まで全く読めませんでした。

そして、気が付きます。
途中の映像、セリフ、
何気なく流れてるテレビのニュースまで
もう、全部が繋がってます。
終わって振り返ってみれば単純なんだけど、
役者さん達の表情やセリフの言い方で騙されました。
流石です。

「木村はそんなヤツじゃありません。」
写真や監視カメラで、木村(堺雅人)の行動を見ても
そのように言えるのは何故なのか、とか
分かってしまえば、「あぁ、だからかぁ。」って納得。
とにかく、大泉洋と佐々木蔵之介の
二人のかけあいが面白い。
ドッチが人間や世間を分かっていないか。
抜けてる様に見えても、さすが、先生です(笑

事件解決後、大泉洋はオイシイ役でしたね。
というか、大泉洋は最初から最後まで
オイシイとこ持っていきっぱなし(笑
「中学時代とちっとも変わってないね。」
「一緒に帰ろう。」
って、それも全く予想外。

スタッフロールが終わった後にも映像があります。
終わったと思って席を立たないで下さい。

とにかく、全部が分かった上で、
もう一度最初から観たくなる映画です。
今度は細かいトコロを。

最後の監視カメラのアフレコ、
声出して笑ってしまいました。
おまけ感覚で、
コッチをスタッフロールが終わった後に
持ってきても良かったのになぁ。
って、たんに私が
堺雅人が好きだってだけかもしれませんがね。
タレ目、イイですね♪ カワイイです(笑


★ ★ ★ ★ ★  2008,06,04 鑑賞



posted by yuki at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ア・イ・ウ・エ・オ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

L change the WorLd

『 L change the WorLd 』 公式HP


icon
icon

『L change the WorLd』 complete set
icon


製作年:2008年
製作国:日本

監督:中田秀夫
原作:大場つぐみ 、小畑健

出演:松山ケンイチ
    藤村俊二
    福田麻由子
    福田響志
    工藤夕貴
    鶴見辰吾
    高嶋政伸
    南原清隆
    佐藤めぐみ
    平泉成
    正名僕蔵
    金井勇太
    石橋蓮司


『L change the WorLd』は
Lの最期の23日間を追ったスピンオフ作品である。

『デスノート』 『デスノート the Last name』で
キラ事件解決のため、
デスノートによる究極の選択をしたL(松山ケンイチ)は、
事件解決と同時にワタリ(藤村俊二)を失う。

L は、ワタリのファイルに残された
未解決事件を次々と片付ける。
ファイルが尽きた頃、
ワタリ宛に贈りものが届く。

それは、突如消滅したタイの村で
たった1人生き残った、幼い少年(福田響志)。
彼が身につけていたSDカードのデータから、
人の手で作り出された【死神】の存在を知る。

そしてもう1人、
久條希美子(工藤夕貴)と
オッドアイの的場大介(高嶋政伸)に、
研究中のウイルスを悪事に使われるのを防ぐために
死を選択した、二階堂公彦(鶴見辰吾)の娘、
二階堂真希(福田麻由子)も
ワタリを頼って、Lの元を訪ねてくる。

周囲の人間が全て死んでしまったタイの少年と、
父の死を直視した二階堂真希。
ワタリの死を見てきたL は、
慰めようと 串に刺したお菓子を差し出すが
二人ともに受け取ってもらえない。
L は、子供の扱いが苦手でした(笑

駿河秀明(南原清隆)、
あれでFBIって、ウソでしょ。
FBIの信用が無くなりますよ(笑

『デスノート』と関連付けて観ない方が良いです。
全くの別物。
そう考えると
とても楽しく観られる映画です。

ただ、【ニア】が・・・
そうきたかぁ・・・
それだけが、ちょっと残念かな。


★ ★ ★  2008,03,16 鑑賞
posted by yuki at 16:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ア・イ・ウ・エ・オ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

オーシャンズ13

製作年:2007年
製作国:アメリカ

監督:スティーヴン・ソダーバーグ

出演:ジョージ・クルーニー
    ブラッド・ピット
    マット・デイモン
    アル・パチーノ
    アンディ・ガルシア
    ドン・チードル
    バーニー・マック
    エレン・バーキン



ダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー)率いる
【オーシャンズ】のメンバーのひとり
ルーベン(エリオット・グールド)は、
世界を股にかけるホテル王
ウィリー・バンク(アル・パチーノ)とパートナーを組み
ラスベスガスに新たな巨大ホテルを立ち上げようとしていた矢先、
バンクの裏切りによってホテルを乗っ取られてしまい
失意のあまり心筋梗塞に倒れてしまった。

ルーベン危篤の電話に
地下金庫から大金を盗み出す寸前だった仕事を放り出し
ラスベガスへ駆けつけたラスティー(ブラッド・ピット)他
集まったオーシャンズは、
オーシャンズにとっては因縁の宿敵であり、
バンクの同業者&ライバルである
ベネディクト(アンディ・ガルシア)を巻き込んで、
壮大なリベンジ計画を開始する。


『11』は面白くて、『12』はちょっと・・・
そして、今回の『13』。
テンポもあったし、中だるみもなく、面白かったです♪
前回よりも、メンバーのキャラが
生かされてきてるカンジがしました。


ブラッド・ピット 、マット・デイモン、ジョージ・クルーニー の
3ショットはサイコーですね♪
サルとゴリラとジョーク好きの調教師(笑


天才的な頭脳犯、変幻自在の詐欺師、
凄腕のハッカーから爆破のスペシャリストに至るまで、
その道では誰にも負けないワザを持つプロフェッショナル集団。
・・・そろそろメンバーの顔、覚えなきゃ(笑



★ ★ ★ ★ ★ 2007,09,12 鑑賞
posted by yuki at 11:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ア・イ・ウ・エ・オ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

   banner_br_bear.gif
ブログランキング参加中♪
  ■応援クリック★お願いします■





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。